カテゴリ:社是( 2 )

 

【社是】プレマ株式会社

プレマ株式会社は、覚醒したお客様に自然の力で満たされた生活を提供し、覚醒に備えるお客様にはそのきっかけを水道のごとく提供することで世界の平和に寄与します。
その根底にあるのは私たちの気づきであり、さらにお客様の気づきに貢献をすることで私たちは成長・発展します(プレマ社社是引用)
------------------

自然環境型「ほんまもん商品」の開発・販売を展開するプレマ。
上記の社是を読んで「おや?」と思われた方もおられるかもしれないが、この文章の肝は何といっても「覚醒・気づき」であろう。
正直ちょっと「アレ」な会社である、ような気がしないでもない。

------------------
「プレマ株式会社では、お届けする商品の取扱について、徹底的な選定を行ない、選りすぐられたものだけをご提供しています」(事業紹介より引用)。
------------------

これはこれで大変結構なことであるが、その徹底的な選定方法は以下のとおりである。

------------------
「仕入れ商品の場合」(抜粋)
1.商品との出会い
2.一番の古株社員(佐々田さん)に、その商品を自身が欲しいかどうか確認
3.その他多くのスタッフが、その商品で話が盛り上がるかチェック
4.子育て中のスタッフ(山下さん)が商品に含まれる成分やメーカーの信頼度をチェック&市場調査
5.代表取締役(中川さん)が「ほんまもんを選び出す魔法の質問」で最終決断
------------------

2番と3番の優先度が高いのは、プレマ社のスタンスとして・・・

まあ、「波動」とか「記憶水」なんてものが書いてあるこの会社のことを、面白おかしく書いてやろうと思ったのだが、この社長の中川さんの顔を見てやめた。
扱ってる商品とか細々した文言はともかく、この人はたぶん良い人だ。
ここまで書いてきて何だけど、僕もまだまだ青いな。あははは。
[PR]

  by savaoex | 2007-08-23 17:33 | 社是

【社是】NOVA

「夢を夢のままで終わらせない」
1.理想は実現するためにある
2.未来は創るもの
3.一人一人の自己実現の夢の集まりが組織だ
4.絶対ポジティブ
5.論破すること
6.自己確立
7.大いなるアマチュア集団
8.ポジティブ単語の威力
9.前進を忘れて現状維持の発想になったとき企業は終わる

「前向き一本槍」な社是であります。
まあ、後ろ向きな社是というのもあまり見当たらないと思いますが、特に5番の「論破すること」なんていう「ちょっとあなた、少しは人の話も聴きなさいよ」などと言われかねないのもが混入しているところがちょっと良い。
NOVAは今回の諸々の一件で裁判所に論破されちゃったわけですが、それはそれ、「アマチュア集団」として「ポジティブ単語」を駆使しつつ自己実現のためがんばってほしいと思います。

珍しくまじめな話をしますが、どこか「自己改革セミナー」じみたこの社是の文言には、残念ながら自分を見つめなおす機会が与えられてないんですね。
一見覇気に満ちた印象を与えますが、その実、自己批判なく、あるいは批判を聞き入れず突き進む猪突猛進タイプ。
「お前は何も考えるな。前だけを見ていれば良い」ということになります。
実は会社という組織の運営には過去の数々の失敗例から導出された教訓が非常に重要なポジションを占めていて、もちろんこれに囚われ過ぎれば「前例がないから却下」とか「発想の貧困・停滞」などの弊害があるのですが、過去なくして現在、そして未来はないというのも真理ではないかと思うわけです。
個人においても「自己確立」(この言葉の意味自体が若干不明確ではあるが、そのまま受け取るとして)するためには、過去に対するレビューが当然必要になってきますし、そこにはドロドロしたネガティブなものが一杯詰まっているわけで、あえてそれを突き詰めなければ「自分がなんであるのか」を知ることなんてできないでしょう。
しかし、この社是はそれを許していない。
できればこの社是には10番目として「人の振り見て我振りなおせ」とか「温故知新」のような過去に対するオマージュというか何と言うかよくわかりませんが、そんなものを置いておけば、それが手綱となってバランスが取れたのではないかと思うのです。

ところで8番の「ポジティブ単語」ってなんすか?
「陽性」は良いけど「陰性」はダメなのか?
あるいは「鬱病」はダメで「躁病」ならOKみたいなこと?
ほんとにそれで良いのか?
4番の「絶対ポジティブ」もそうだが、言語を主体に扱う企業がこういうサブカル系なのかよくわからん特殊な言葉を使ってもらっちゃ困るんだがなあ。
[PR]

  by savaoex | 2007-08-21 11:22 | 社是

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE