肩掛けカバンの恐怖

医者が言うには、パソコンの入った重い肩掛けカバンをいつも右肩に掛けていたために、なんと頚椎から背骨にかけて大きく湾曲しているそうだ。
おかげで首を右に振ることはできても左には微動だにしないという特異体質になってしまった。
ここ数年、四六時中うめき声を上げたくなるような肩こりと、頭痛、背骨に走る疼痛もすでに持病である。
これではいかんと、先日から左からに掛けるように気をつけているのだが、やはり肩が下がっているようで、すぐにずり落ちてしまう。
しかし、イライラするのを我慢しながら、左手でカバンを押さえつつ毎日通勤していたら、この一週間で痛みがかなり改善したのだ。

これを「肩掛けカバン逆掛け療法」と名付けたいと思うが、異論のある方はおられるだろうか。
[PR]

  by savaoex | 2007-04-27 11:10 | 日記

<< 速報 灰は、灰に 塵は、塵に >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE