過去ログ-よりぬきサザ○さん

【システマティックデンタルケア】

先月あたりから練り歯磨きをやめて液体のものに変えている。
チューブから練り歯磨きを押し出して歯ブラシにつけるという日常の自動化された行為にいったん別れを告げたかったためだ。
別れを告げてどうなるのか、新しい日常の先遣となるのか、それはわからないが、神戸垂水の駅高架下のいわゆる「たるせん」と呼ばれている商店街が全面リニューアル新装開店し、そこに「マツモトキヨシ」という人の店ができたので、仕事からの帰り道、見物がてら液体歯磨きを買いに寄ってみた。

10種類ほどの液体歯磨きを手に取りつつそれぞれの効能を確認して、どれも同じという結論に達したので、とりあえずライオン株式会社の「デンターシステマ薬用デンタルリンスTa」を購入。
「リンス」に若干抵抗を感じる。頭髪用のリンス「メリット」を思い出すからだ。
あれは非常にマズイ。口に入ったとたん嘔吐反射で胃がせり上がってくる。
たぶんジンクピリチオンの味なのだろう。
なのにあえてこれを買ったのは「Ta」に惹かれたからだ。
こういう意味があるのかないのかわからない略語が好きだからだ。

早速その日の晩、「Ta」を使ってみる。
初物というのはモノがなんであっても幾分でも胸が高揚するものだ。
包装のビニールをはがし、フタ兼計量カップを取り、「Ta」ボトルの裏面の使用説明を読むと「10mlをお口に含み、そのまま約20秒ほどすすいだ後、ブラッシングをしてください」と書いてある。
10mlは計量カップの半分くらいだ。
カップに「Ta」を注ぐ。ほのかなミントの香りが立ちのぼる。
次に口に含む。カップが小さいのでおちょぼ口ですするように含む。ミントが少し辛い。
それからクチュクチュするわけだが、10mlと量が少ないので非常に心もとない。口腔内の隅々にまで行き渡っていないような気がする。

その後の行為については、説明書に「・・・すすいだ後、ブラッシングをしてください」と書いてあるのだが、口中の液体を吐いてから歯を磨くのか、入れたままでいいのかわからないので、とりあえずその液体を残したまま、液体がこぼれないように歯ブラシを口角辺りから、キュルっと突っ込みブラッシングする。
上顎と下顎の間にある液体がブラシによって攪拌され、歯と歯の間、歯と歯茎の間、虫歯のあとなどにまたたく間に浸透していくような気がする。
前歯を磨くときには、どうしても中の液体がツーっと下唇から顎へと伝い落ちるが、これは致し方ない。
そして、十分なブラッシングの後、液体を吐き出す。
CMのように舌で歯をなぞってみると、なるほどツルツルした感触だ。

何がシステマティックなのかよくわからないが、この若干淫靡な雰囲気の方法でいいような気がする。
一ヶ月使っていまだ練り歯磨きに戻る気はない。
液体歯磨きが当たり前の感覚になったら、次の新しい何かを探そうと思う。
[PR]

  by savaoex | 2007-04-17 10:57 | その他

<< 過去ログ-よりぬきサザ○さん 過去ログ-よりぬきサザ○さん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE