娘の場合20070305

おっす、オライオネル・リッチー!
一昨日は神戸は灘にある王子動物園、昨日は家の近くの総合運動公園に菜の花を見に行くというハードスケジュールで心身ともにクタクタの私ではありますが、久しぶりに娘の近況報告をば。




娘といえば、「なきつづける」をはじめとした数々のスキルを身につけていることを以前にも報告したが、今回はここ数週間で身につけた新たなスキル「ずつき」について書いておきたい。
この技は、読んで字の如く「相手を頭で突く」わけだけのものなのだが、我々に与えるダメージはその単純さからは、否、単純であるが故に、想像もできないほど強大である。

そもそも娘は、何か思い通りにいかないことがあると癇癪を起こす。
その癇癪は以前にも書いた「あばれなく」や「Maximum Rolling Thunder Explosion」(M.R.T.E.)というスキルに昇華し、それはそれで我々を恐怖に陥れるには十分なパワーを持っていた。
しかしここにきて、それらを遥かに凌駕するそしてシンプルかつ成功率の高い「ずつき」というスキルを彼女は手に入れてしまった。
もはや我々は恐るべき災厄に逃げ惑う哀れな民衆に過ぎない。
それほどの技なのである。
娘がこのスキルを発動する時、彼女はこちらに突進してくる。
それも、乳児に毛が生えた程度の幼児とは思えないスピードだ。
そして後方に頭を振り上げ、攻撃対象物である妻または私に向かって「とっ!」という気合とともに上げた頭を振り下ろすのだ。
この「とっ!」が重要なようで、これを言わない場合はそれほどのダメージは与えられない。
恐らく、頭を後方に振り上げる際に気を溜め、「とっ!」で一気に放出するのだろう。
しかも、一歳半の幼児が何故に、と思うほど急所を知り尽くしている。
頭や鳩尾(みぞおち)は言うに及ばず、鼻、下顎、眉間、膝、背骨などを的確に突いてくる。
痛いのだ。
まとも当たれば、しばらく声も出ないほどの苦痛である。

なまえ :イカむすめ。
せいべつ :おんな
ねんれい :1さい4かげつ
しょくぎょう :ようじ
たいりょく: 24
ぼうぎょりょく: 23
ぶき :なし
そうび :ようじのふく(にしまつや)、ようじのくつ(あしっくす)、ようじのぼうし(にしまつや)
レベル :6
ひっさつわざ :なきつづける、あばれなく、ける、ひっかく、けをむしる、きをそらす、Maximum           Rolling Thunder Explosion(M.R.T.E.)、ずつき、
どうぐ :しまじろう、エジソンのはし、はぶらし
しょじきん :0ゴールド
つぎのレベルアップまで :しらん

これが今の娘である。
[PR]

  by savaoex | 2007-03-05 14:46 |

<< 速報 誰かに作って欲しいもの(ガジェ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE