娘の場合20070213

娘はわりと疳性だと思う。

中途半端な知恵がついてきたからだろうか、積み木がうまく積めないときや、鍵穴に鍵がうまく入らないとき、フタ付きのカップにストローを挿そうとしてもうまくいかないときなどなど、イライラが昂じた挙句、遂には怒髪天を衝く。
手に持っていたものを空中高く放り投げ、からだを反り返らせて「キーっ!」と叫びながら地べたを転げ回り、こちらの宥める言葉もまったく耳に入らない。
耳に入らないどころか、「大丈夫大丈夫」などと頭を撫でようものなら、さらにそれはひどくなる。
生半可な気持ちで彼女に近づけば、遠心力を味方につけた必殺の裏拳を頂戴することになるだろう。
以前書いた「あばれなく」というテクニックをさらに上回る激しい泣きと動き、そして攻撃。
これはなんという技なのだろう。
「Maximum Rolling Thunder Explosion」(M.R.T.E.)とでも名付けようか。

娘がこうなったら、こちらとしてなす術がない。
耳を塞ぎ目を閉じて、妻と肩を寄せ合いながらハリケーンが過ぎ去るのを待つのみだ。
その姿は積み木崩し的家庭内暴力に怯えるか弱き夫婦のようだ。
1歳3ヶ月で家庭内暴力。
この先、娘のこれはおさまっていくのだろうか。
それとも、さらに激しさを増すのだろうか。

誰か教えてください。
[PR]

  by savaoex | 2007-02-13 12:32 |

<< 娘の場合20070214 筒井康隆-ダンシング・ヴァニテ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE