娘の場合20070129

そもそも父親としての育児日記として娘の成長を書こうと思っていたのだが、「露葉子」などという訳の判らないネタを書いただけで、結局何もしていないではないか。
それに気づいた今日からは、たとえ少ししか書けなくとも極力毎日娘(通称イカ娘。)の生態について、良いことも悪いことも含めて書いていきたいと思う。
題名は本日のように「娘の場合+年月日」とする。
今日は初日でもあるので、休日の朝の平均的な生態について書き出したいと思う・・・




ほんの2、3ヶ月前までは親に似て朝寝坊であった娘が、なぜか最近は6時ごろには動き出す(これは前日遅くに寝ても、不思議とあまりかわらない)。
娘は親子3人の寝室で一番最初にモゾモゾと動き出し、しばらくは大人しく虚空を見つめて現世に戻ってきた余韻に浸っているのだが、そのうちに妻や僕の布団の端をめくりだしにかかる。
さっさと起きて相手をしろと催促しているのだ。
しかし悲しいかな、まだそれほど腕力がないので、布団を剥ぎ取ることはできない。
こっちはまだ眠いのでほったらかしにしているのだが、10分ほどすると娘のほうも業を煮やしてきて、「ばぁ」と言いながら顔を近づけるという行為を何度も繰り返す(「ばぁ」は娘が得意とするコミュニケーション手段の一つであって、あらゆる場面で活用される)。
妻は日頃の寝不足を僕の休日の時に取り返そうとするので、この程度の生ぬるい攻撃では絶対起きないし、僕は僕で目は覚めているのだが、休日くらいゆっくり布団でヌクヌクしていたいので、結局だれも起きない。
しかし、どうも幼児というのは遠近感に疎いようで、この「ばぁ」の時に僕の顔と衝突するということが多々あり、一度娘の前頭部で鼻柱を折れたかと思うほど強打して以来、娘が起き出すと布団に潜って防御だけはすることにしている。

僕と妻に起きる気がないことを見て取ると、娘の最終手段が出る。
「泣く」のである。
娘も含めて、幼児期の体力の半分以上は泣くことに費やされるのではないかと思う。
一度泣き出したら、その欲求が満足されるか、ほかに気をそらせる何かがあるか、泣き疲れて眠るか以外にそれを止める術はない。
RPG(ロールプレイングゲーム)に例えると、生まれながらに修得している必殺技が「なきつづける」であるかのようなものだ。
レベル5になると、あたりを縦横無尽に転げまわりながら泣き叫ぶ「あばれなく」を修得するが、娘はこれも修得済みだ。
これらは、自分のHP(ヒットポイント=体力)も徐々に消耗して最後には眠ってしまうという諸刃の剣だ。
レベル10で「うそなき」、レベル25で「さめざめとなく」、レベル48で「むせびなく」、レベル65で最上位の「しのびなく」を修得するはずだが、これらはさすがにまだ無理だ。
妻と僕はもちろん「まもる」を選択中である。
ついでに娘の属性をRPG風に書き出すと。

なまえ :イカむすめ。
せいべつ :おんな
ねんれい :1さい3かげつ
しょくぎょう :ようじ
たいりょく: 18
ぼうぎょりょく: 20
ぶき :なし
そうび :ようじのふく(にしまつや)、ようじのくつ(あしっくす)
レベル :5
ひっさつわざ :なきつづける、あばれなく、ける、ひっかく、けをむしる、きをそらす
どうぐ :しまじろう
しょじきん :0ゴールド
つぎのレベルアップまで :しらん

閑話休題。
寝る時に娘の気が散るので寝室にはおもちゃを置かないようにしているし、テレビもないしペットの犬猫も出入り禁止なので、娘の気をそらすものは何もない。
起きたばかりだから泣き疲れて寝ることもありえない。
泣き声の音量はテレビに例えれば36くらいで、隣近所にも迷惑であるし、娘は「あばれなく」を使っているので、布団での防御も効き目が薄い。
結局仕方なくこっちが折れてやるしかないのだ。

ちなみに妻はこれでも平気で眠り続けている。
何事においても妻の防御力は僕の倍以上だ。

まだ娘一人ではドアを開けることができないので、僕が寝室のドアを開けるてやると、あとは自分で勝手にリビングに行く。
さすがに一人にしておくのは心配なので僕も一緒にリビングに行く。
電気をつけ「MOTTAINAI」と思いつつも寒いので、床暖房とエアコンをつける。
テレビもつける。
娘はさっそく「あれっ、あれっ」とキッチンを指差しているのだが、これはだいたい「喉が渇いたので茶を一杯所望したい」という意味である。
大の幼児が(この言い回しはおかしいが)起き抜けに日本茶というのもなんなので、子供用のヤクルトにストローを指して渡してやると、一気に半分くらい飲み干してしまう。
ちなみに子供の便秘や下痢には、どんな薬よりもヤクルトが効くような気がする。
あとは娘が適当に朝の幼児番組を見て歌い踊ったり、犬猫やらしまじろうやらほかのオモチャやらで遊んだりしているので、僕も束の間ゆっくりできる。
しばらくすると妻が起きてきて、娘と僕のために朝食を作ってくれる。
食事は食事で色々あるのだが、これはまた次回にでも。
[PR]

  by savaoex | 2007-01-30 14:18 |

<< 娘の場合20070130 あれってどっかに売ってるの? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE